愛知県刈谷市で物置の中の物の処分と物置自体も解体処分になります

物置解体処分

愛知県刈谷市 Y様より 物置の解体処分をしました

物置解体

2016年 2月 8日 愛知県刈谷市内での物置の解体処分のお仕事です、刈谷市といえばトヨタ自動車のお膝元!刈谷市にも関連企業がたくさんあります。
来月にもなると人事の異動や新入生、卒業生でたくさんご依頼がある街です。
一足先におじゃましての作業になりました、けっこう大きな物置で解体するにもさすがに1人では大きすぎます。
2人で作業したほうが安心で、す物置自体は鉄製ですのでリサイクル対象になり比較的、回収料金は安くなります問題は中身です、物によって料金は変わりますが一番料金的に安いのが、木材で、リサイクルチィップになり最終的には燃料になります。
次は、布製品、これは、化学繊維や綿、麻、などに分別します。次はプラスチック製品です、一言で言えばプラスチックですが材質がさまざまあり、有名なところで、ポリプロピレンにビニール、昔の歌に出てくるセルロイド、フェノール樹脂 、メラミン樹脂、フェノール樹脂、ポリウレタン、わ~、たくさんありすぎて頭がこんがらがっちゃう!これを、個々に取り分けて再生するそうです。結局は手間ひまがかかるためどうしてもただでは捨てれないようです、量的には少なめなんでトータル2時間ほどで終了、ご依頼ありがとうございました。


トップへ戻る